堺市で相続・名義変更の相談なら、堺市堺区の司法書士・行政書士吉田法務事務所。相続手続、遺産分割、相続登記、不動産名義変更をサポート。

堺市の司法書士行政書士による相続名義変更相談  
大阪府堺市の司法書士・行政書士
三国ヶ丘駅近く 吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
司法書士による電話相談受付中
相談フォームからのお問い合わせ
▼贈与による不動産名義変更
吉田法務事務所の案内
司法書士と女性スタッフ

堺市堺区、三国ヶ丘の司法書士事務所です。駅近くの便利な立地と、司法書士と行政書士、FPの視点を生かし、遺産相続・名義変更など、個人向けに特化した法的サービスを提供しています。

キャッチコピーは、「必要なときに、あなたの側に」。
困りごと、悩みごと解決のお手伝いと、相続や名義変更に関する面倒な手続きのお手伝いをしています。

代表司法書士のブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」は毎日更新中です!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
司法書士吉田法務事務所(堺市堺区)
住宅ローン・個人再生相談サイト

相続税と生命保険の活用

相続税の基礎控除額

相続税の課税対象になるのは、相続、遺贈、死因贈与によって財産を取得した場合です。

亡くなった方の財産の総合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額+相続税精算課税の制度を使った贈与の価額を加算します)が基礎控除額を超える場合に、その超える部分にかかってきます。

しかし、基礎控除よりも財産の額が低ければ、相続税は払わなくてもよい(申告をしなくてよい)ことになります。

基礎控除は、下記の計算式によって算出します。

基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数

相続税の申告・納税の期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内で、被相続人の最終の住所地の管轄の税務署で行います。

相続税の基礎控除額の早見表

相続人 法定相続人の数 基礎控除額
妻(又は子1人)のみ
1人
3600万円
妻+子1人
2人
4200万円
妻+子2人
3人
4800万円
妻+子3人
4人
5400万円

上の早見表によると、妻と子供2人の場合の基礎控除額は4800万円で、財産の額がその範囲内であれば、相続税はかからないことになります。

なお、相続税の対策として、養子を取って法定相続人を増やす、という方法もありますが、無制限に基礎控除の計算のための法定相続人を増やすことはできず、下記のとおり制限が定められています。

・実子がいる場合には、養子1人まで。
・実子がいない場合には、養子2人まで。 
注:民法上、養子の人数に制限はありません。

また、相続税法上、相続人の数は、相続放棄をした人がいた場合も、相続放棄がなかったものとして考えます。

生命保険を使った相続税対策

相続税の基礎控除の引き下げに伴い、身近に使える相続税対策として、生命保険を使った対策をご紹介します。

1.死亡保険金の非課税制度を使う

「契約者(保険料負担者)が父、被保険者が父、受取人が相続人」の契約形態の場合、相続人が受け取る生命保険金は、相続税の課税対象となります。 

しかし、生命保険金で受け取る場合は、「法定相続人×500万円」の金額まで非課税の扱いとなります。 

★生命保険金の非課税枠

相続人 基礎控除額
相続人1人の場合
500万円
相続人2人の場合
1000万円
相続人3人の場合
1500万円
相続人4人の場合
2000万円

 

相続開始時に、預貯金で1,000万円あればそのまま相続税の課税対象としてカウントされるのに対し、生命保険金で受け取ることによって1000万円分(相続人2名の場合)を非課税にできる計算になります。

具体的には、「父を契約者、父を被保険者、相続人を受取人」として一時払い終身保険を契約する方法が考えられます。

  • 一時払い終身保険の契約をする場合は、万が一、将来的に資金の必要が生じた場合、保険を解約することによって、契約者の父にお金を戻すことも可能となります。「相続税対策だからといって、現金を減らしていくのは不安」と思われる方も多いでしょうから、現金を減らす不安への手当てもできます。
B.生前贈与と生命保険を組み合わせる

贈与についての年間の基礎控除額は110万円です。
この基礎控除枠を利用して、例えば、父から子や孫に毎年金銭を贈与し、その金銭を利用して、子や孫が生命保険に加入する方法です。

父から見ますと、金銭で贈与した分の財産を減らしていけることになります。
それと並行して、子や孫が契約者となって、父を被保険者として生命保険に加入することにより、相続税の納税資金を準備することも可能となります。

具体的には、年払いの終身保険を契約する方法が考えられます。
この場合、子や孫が受け取った生命保険金は、相続税ではなく、一時所得として所得税、住民税の課税対象となります。

また、子や孫名義で終身保険や養老保険、個人年金を契約することで、贈与された金銭を生かして、子や孫の資産形成に使うことも可能です。保険と組み合わせて契約することで、子や孫が、贈与を受けたお金を無駄遣いすることも防ぐことができます。

  • 相続や遺贈によって財産を取得した人に対する相続開始前3年以内の贈与については、相続税を計算する時に、財産の額に加算して計算されることになります。

★ 司法書士行政書士吉田法務事務所からのご案内 ★ 

「相続税はどのくらい払わないといけないのですか」という不安を伝えられることもありますが、平成26年の税制では、統計上、相続税の課税対象になる方の割合は、100人のうち4〜5人といわれています。

それが基礎控除額が改正で引き下げられることに伴い、課税対象となる方が2倍程度になると言われています。

相続税が課税される対象になる可能性がある方については、税金の専門家である税理士さんをご紹介し、連携して手続を進めさせてもらっています。

司法書士による電話相談実施中
相続・遺言・名義変更のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・行政書士吉田法務事務所へ

お問い合わせは、フリーダイヤル(0120−392−783) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日・夜間相談も随時受付中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
JR線・南海高野線・泉北高速線沿線に限り、出張相談に対応中です。
 <対応地域:堺市(堺区・北区・東区・西区・中区・南区・美原区)・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市>