堺市で相続・名義変更の相談なら、堺市堺区の司法書士・行政書士吉田法務事務所。相続手続、遺産分割、相続登記、不動産名義変更をサポート。

堺市の司法書士行政書士による相続名義変更相談  
大阪府堺市の司法書士・行政書士
三国ヶ丘駅近く 吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
司法書士による電話相談受付中
相談フォームからのお問い合わせ
▼贈与による不動産名義変更
吉田法務事務所の案内
司法書士と女性スタッフ

堺市堺区、三国ヶ丘の司法書士事務所です。駅近くの便利な立地と、司法書士と行政書士、FPの視点を生かし、遺産相続・名義変更など、個人向けに特化した法的サービスを提供しています。

キャッチコピーは、「必要なときに、あなたの側に」。
困りごと、悩みごと解決のお手伝いと、相続や名義変更に関する面倒な手続きのお手伝いをしています。

代表司法書士のブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」は毎日更新中です!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
司法書士吉田法務事務所(堺市堺区)
住宅ローン・個人再生相談サイト

遺産分割協議ができない場合

不在者財産管理人

遺産分割協議には、相続人全員の参加が必要です。

しかし、相続人の中で、住んでいた場所からいなくなり、行方が分からず、戻って来られる見込みのない方(不在者)がおられる場合、遺産分割協議をすることができません。

遺産分割協議ができなければ、不動産の名義変更手続や、預貯金の解約手続等もできないことになります。

行方の分からない不在者がいる場合は、家庭裁判所で、その不在者の財産を管理する人(不在者財産管理人)を選んでもらうことができ、選ばれた不在者財産管理人が遺産分割協議に参加することになります。

不在者財産管理人選任の申立
〔申立人〕 ・利害関係人等(不在者の配偶者、相続人、債権者等)
〔申立先〕 不在者の従来の住所地の家庭裁判所等
〔申立書〕 家庭裁判所で備え付けの書式に必要事項を記入し、添付書類を添えて、家庭裁判所へ提出します。
〔必要書類〕 ・申立書
・申立人の戸籍謄本
・不在者の戸籍謄本、戸籍の附票
・財産管理人候補者の戸籍謄本、住民票、身分証明書
・不在の事実を証する資料
・利害関係を証する資料
・財産目録、不動産登記簿謄本や通帳の写し
※事案によっては、この他の資料が必要になることがあります。
〔申立費用〕 ・収入印紙 800円
・連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所によって異なります)
〔申立後の流れ〕 申立書と必要書類の提出後、裁判所で書類が審査されます。
その後、裁判所から指示があり、裁判所によって申立人等関係人の面談がされるか、もしくは、申立人等関係人が裁判所からの照会書に記入返送をすることになります。
個々の事案によりますが、裁判所の審判が下りるまでに、1〜2か月程度かかります。

  • 不動産の売却、遺産分割等の処分行為については、不在者財産管理人が自由にできるわけではなく、家庭裁判所の許可(不在者財産管理人の権限外行為許可)が必要になります。
  • 不在者財産管理人の報酬は、「報酬付与申立」により、不在者の財産の範囲内で、家庭裁判所が決定します。

失踪宣告

行方の分からない人について、生死が7年以上明らかでない場合には(危難失踪の場合は1年)、家庭裁判所で失踪宣告の手続きをすることで、その方が死亡したとみなして、相続手続きを進める方法もあります。

失踪宣告により、7年の期間満了時に死亡したとみなされます(危難失踪の場合は、危難が去った時)。

失踪宣告を受け、死亡したとみなされた人については、相続が開始し、配偶者との婚姻も解消されます。
また、相続人の立場になる人が失踪宣告を受けた場合、その人に子どもがいる時は、子どもが代襲相続人になり、遺産分割協議に参加することになります。

失踪宣告の申立
〔申立人〕 ・利害関係人(不在者の配偶者、相続人にあたる者、財産管理人、受遺者など)
〔申立先〕 不在者の従来の住所地の家庭裁判所
〔申立書〕 家庭裁判所で備え付けの書式に必要事項を記入し、添付書類を添えて、家庭裁判所へ提出します。
〔必要書類〕 ・申立書
・申立人及び不在者の戸籍謄本
・不在の事実を証する資料 (不在者の戸籍附票、捜索願をしたことの証明書など)
・申立人の利害関係を証する資料
※事案によっては、この他の資料が必要になることがあります。
〔申立費用〕 ・収入印紙 800円
・連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所によって異なります)
・官報公告料4,298円
〔申立後の流れ〕 申立書と必要書類の提出後、裁判所で書類が調査を行ったうえで、失踪に関する届出の公示催告をします。
公示催告期間は6か月以上必要とされていますので、調査にかかる日数+6か月以上の期間が掛かります。

  • 失踪宣告が確定すると、審判確定日から10日以内に、確定証明書を添えて、本籍地もしくは居住地の市町村役場で「失踪届」を提出します。

成年後見人の選任

遺産分割協議をするに際し、相続人の中に、高齢や痴呆等の理由で判断能力がない方がおられる場合は、遺産分割協議に参加することができません。
この場合、判断能力がない人について家庭裁判所で成年後見人を選任し、成年後見人が代わりに遺産分割協議に参加することになります。

成年後見人を選任した上での遺産分割協議は、増えている傾向にあります。
成年後見制度に関する詳しいご説明は、当サイトの成年後見のページをご覧下さい。

特別代理人の選任

成年後見人を選任して遺産分割協議をする場合、成年後見人自身が相続人でもある時は、利益が相反することになりますので、別途、遺産分割についての特別代理人の選任手続きが必要になります。

また、相続人が未成年者である場合、親権者が法定代理人として遺産分割協議をすることになりますが、父又は母自身も相続人である場合、未成年の子どもと利益が相反することになりますので、家庭裁判所で特別代理人の選任手続きが必要になります。

父又は母が相続人にならない場合でも、複数の未成年の子どもがいる場合も同様に、他の子どものために特別代理人を選任する必要があります。

大阪の家庭裁判所の管轄一覧(参考資料)
 裁 判 所 管 轄 区 域
 大阪地方裁判所(本庁) 大阪市・池田市・箕面市・豊能郡・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・三島郡・東大阪市・八尾市・枚方市・守口市・寝屋川市・大東市・門真市・四条畷市・交野市
 大阪地方裁判所堺支部 堺市・高石市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・南河内郡・羽曳野市・松原市・柏原市・藤井寺市
 大阪地方裁判所岸和田支部 岸和田市・泉大津市・貝塚市・和泉市・泉北郡・泉佐野市・泉南市・阪南市・泉南郡 

★ 司法書士行政書士吉田法務事務所からのご案内 ★ 

相続人のうち、「一部の方と連絡が取れない」という例は、少なくないようです。

行方を探されている状態で、遺産分割の手続が止まっている例もありますし、不在者財産管理人を選任して遺産分割協議をしたり、失踪宣告を申し立てて、相続の手続を進めた事例もあります。

また、相続人の方が、高齢により判断能力がないということで、事前に成年後見の申立をし、後見人が遺産分割協議に参加された事例もあります。

いずれも家庭裁判所での手続になりますので、司法書士の「裁判所への提出書類作成業務」として、お手伝いさせていただきます。

なお、相続人の中で、行方が知れない方がおられる場合は、生前に、遺言書を作成される等の対策をお勧めします。

司法書士による電話相談実施中
相続・遺言・名義変更のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・行政書士吉田法務事務所へ

お問い合わせは、フリーダイヤル(0120−392−783) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日・夜間相談も随時受付中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
JR線・南海高野線・泉北高速線沿線に限り、出張相談に対応中です。
 <対応地域:堺市(堺区・北区・東区・西区・中区・南区・美原区)・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市>