堺市で相続・名義変更の相談なら、堺市堺区の司法書士・行政書士吉田法務事務所。相続手続、遺産分割、相続登記、不動産名義変更をサポート。

堺市の司法書士行政書士による相続名義変更相談  
大阪府堺市の司法書士・行政書士
三国ヶ丘駅近く 吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
司法書士による電話相談受付中
相談フォームからのお問い合わせ
吉田法務事務所の案内
司法書士と女性スタッフ

堺市堺区、三国ヶ丘の司法書士事務所です。駅近くの便利な立地と、司法書士と行政書士、FPの視点を生かし、遺産相続・名義変更など、個人向けに特化した法的サービスを提供しています。

キャッチコピーは、「必要なときに、あなたの側に」。
困りごと、悩みごと解決のお手伝いと、相続や名義変更に関する面倒な手続きのお手伝いをしています。

代表司法書士のブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」は毎日更新中です!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
司法書士吉田法務事務所(堺市堺区)
住宅ローン・個人再生相談サイト

Q&A20 祖父から孫への相続登記の可否(相続)

Q.不動産を所有していた父が亡くなりました。
相続人は私だけで、いずれ私の子が家を継ぐことになりますので、直接私の子(被相続人から見ると孫)に名義変更したいと考えています。
祖父から孫への相続による名義変更は可能でしょうか。

A.まとめますと、ご相談者はA。亡くなられた方(被相続人)は、Aのお父様で甲。不動産の名義人にしたいと言われているのは、Aのお子様で乙。

甲と乙は、祖父と孫の関係になります。

相続によって直接不動産の名義を変更できるのは、遺言書がない場合を除き、被相続人甲の相続人に限られます。甲の相続人はご相談者のAだけであり、孫の乙は甲の相続人ではありませんので、相続を原因として、乙名義に変更することはできません。

一旦A名義で相続登記をすることになります。

現時点で乙名義に変更する必要がある場合は、A名義に相続登記をした上で、乙に贈与する等の方法を検討します。

こういったご相談の場合、手間や費用のことを考えて、乙名義に変更したいと言われているのか、他に何か理由があるのか、のご確認をさせていただいています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ちなみに、仮に、甲が亡くなられる前に、自分の相続の時に、直接孫である乙名義に不動産を相続させたいと考えられていた場合は、甲が下記のような遺言書を残しておくことで実現できます。

「私が所有する堺市堺区向陵中町○○番地の土地、家屋番号○○番地の建物は、孫の乙に遺贈する」

上記のような遺言書があれば、直接孫の乙名義への名義変更登記は可能です。

また、Aに相続登記をする前に、万が一Aが亡くなられた場合、Aの相続人としての地位を乙が承継しますので、この場合も結果的に、直接孫の乙名義に、相続による名義変更は可能となります。

★ 司法書士行政書士吉田法務事務所からのご案内 ★ 


堺市堺区、三国ヶ丘駅近くにある司法書士・行政書士吉田法務事務所は、司法書士、行政書士、FPの資格を生かし、相続手続、遺産分割、名義変更、遺言書作成、生前贈与、成年後見関係の業務に力を入れています。

アクセス便利な駅前に事務所を置き、女性司法書士も在籍。「身近でご相談していただきやすい」事務所を目指しています。

営業時間内の来所による相談、休日・夜間の相談の他、事務所までお越しになれない方には、JR阪和線と南海高野線・泉北高速線沿線(堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市)に限り、訪問によるご相談にも対応しております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

司法書士による電話相談実施中
相続・遺言・名義変更のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・行政書士吉田法務事務所へ

お問い合わせは、フリーダイヤル(0120−392−783) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日・夜間相談も随時受付中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
JR線・南海高野線・泉北高速線沿線に限り、出張相談に対応中です。
 <対応地域:堺市(堺区・北区・東区・西区・中区・南区・美原区)・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市>