堺市で相続・名義変更の相談なら、堺市堺区の司法書士・行政書士吉田法務事務所。相続手続、遺産分割、相続登記、不動産名義変更をサポート。

堺市の司法書士行政書士による相続名義変更相談  
大阪府堺市の司法書士・行政書士
三国ヶ丘駅近く 吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
司法書士による電話相談受付中
相談フォームからのお問い合わせ
吉田法務事務所の案内
司法書士と女性スタッフ

堺市堺区、三国ヶ丘の司法書士事務所です。駅近くの便利な立地と、司法書士と行政書士、FPの視点を生かし、遺産相続・名義変更など、個人向けに特化した法的サービスを提供しています。

キャッチコピーは、「必要なときに、あなたの側に」。
困りごと、悩みごと解決のお手伝いと、相続や名義変更に関する面倒な手続きのお手伝いをしています。

代表司法書士のブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」は毎日更新中です!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
司法書士吉田法務事務所(堺市堺区)
住宅ローン・個人再生相談サイト

Q&A08 自筆証書遺言の検認と不動産の名義変更登記(相続)

Q.父が亡くなりました。
父が生前、手書きで書いた遺言書(自筆証書遺言)に、「全ての財産を妻に相続させる」と書かれていました。

不動産の名義変更手続きをするには、どのようにすればいいでしょうか。
また、名義変更にはどのような書類が必要となりますか。

A.お父様が作成された遺言書の内容に基づいて、法務局で名義変更の手続きをすることになりますが、自筆証書遺言の場合は、まず、家庭裁判所で「遺言書の検認」手続きをする必要があります。

お父様の最後の住所地を管轄する家庭裁判所が管轄です。

遺言書の検認手続は、相続人に対して遺言書の存在を知らせ、内容の確認をする機会を与えられる手続きで、遺言書の有効・無効を判断されるわけではありません。

検認申立に関して、一般的に必要となる書類は、

(1)お父様の除籍謄本、改製原戸籍(出生時から死亡までの、全ての戸籍謄本)
(2)相続人全員の戸籍謄本
(3)遺言書

です。

検認手続が終了すると、家庭裁判所が、「検認手続が終了したことを証明する」旨の検認済証明書と遺言書を合綴し、契印を押してくれます。
法務局には、家庭裁判所の検認済の証明書が付けられた遺言書を提出することになります。

続いて、法務局で不動産の名義変更手続きをすることになりますが、管轄は、不動産の所在地を管轄する法務局です。

遺言書に基づく相続登記について、遺言書の他に、一般的に必要となる書類は、下記のとおりです。

(1)お父様の死亡の旨の記載がある戸籍謄本
(2)不動産を相続されるお母様の戸籍謄本・・・(1)に記載があれば1通で可能
(3)お父様の登記簿上の住所から、最終住所までの沿革を証明できる住民票、もしくは戸籍の附票
(4)お母様の住民票
(5)固定資産税評価証明書

遺言書があることで、「お父様の戸籍を遡って提出しなくていい」ことと、相続人が複数いる場合でも、遺産分割協議書や、「不動産の名義人とならない相続人の戸籍謄本や印鑑証明書が不要」となります。

★ 司法書士行政書士吉田法務事務所からのご案内 ★ 


堺市堺区、三国ヶ丘駅近くにある司法書士・行政書士吉田法務事務所は、司法書士、行政書士、FPの資格を生かし、相続手続、遺産分割、名義変更、遺言書作成、生前贈与、成年後見関係の業務に力を入れています。

アクセス便利な駅前に事務所を置き、女性司法書士も在籍。「身近でご相談していただきやすい」事務所を目指しています。

営業時間内の来所による相談、休日・夜間の相談の他、事務所までお越しになれない方には、JR阪和線と南海高野線・泉北高速線沿線(堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市)に限り、訪問によるご相談にも対応しております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

司法書士による電話相談実施中
相続・遺言・名義変更のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・行政書士吉田法務事務所へ

お問い合わせは、フリーダイヤル(0120−392−783) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日・夜間相談も随時受付中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
JR線・南海高野線・泉北高速線沿線に限り、出張相談に対応中です。
 <対応地域:堺市(堺区・北区・東区・西区・中区・南区・美原区)・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市>